スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ペルソナQ』を購入。早期購入特典CDを入手

本日発売された3DS用ソフト、『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』を購入しました。
ゲームはダウンロード販売を利用する機会も増えましたが、今回はパッケージ版です。


オリジナルサウンドトラックが特典になっていると聞いていたので、量販店に向かったところ、普通に手に入れることができました。
そういえば、『世界樹の迷宮』にも、特典CDがついてきた記憶があります。


3DS ペルソナQパッケージ


画像では隠れてしまいましたが、CDのパッケージの表と裏には、それぞれ『ペルソナ3』と『ペルソナ4』の主人公のイラストが描かれています。
ペルソナシリーズは良い曲が多いので、こういったオマケはうれしいものです。


肝心のゲーム内容に関して、まだ序盤ではありますが、丁寧に作られている印象を受けました。
今作は、キャラクターの絵やゲームシステムが従来と異なっていたため不安があったのも事実です。


実際、イベントシーンのキャラには少し違和感もあったのですが、これは慣れかもしれません。
全体の雰囲気や世界観は、間違いなく「ペルソナ」です。


また、過去に『世界樹の迷宮』をプレイした方であれば、探索もスムーズに行えるのではないでしょうか。


ダンジョンRPGで「ブフ」や「ディア」といったスキルを使用していると、シリーズ的には源流にあたる『真・女神転生』シリーズに近づいたイメージもありますが、メガテンとはまた違った雰囲気で楽しめています。


ちなみに、「P3」と「P4」のどちらを選択するかで、展開が異なります。
主人公の名前に関しては、いつも入力時に迷っているのですが、今回はアニメや漫画に準拠しているらしく、「有里 湊」、「鳴上 悠」という設定に従うことにしました。


最終的に、どのようにストーリーが動くのか、これはプレイを続けてみないと分かりません。
当然ながら周回要素もあると期待しているので、何周かすることになると予想しています。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。