スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログ プラグインカテゴリの位置:プラグイン3表示の仕組み

プラグインカテゴリとは?

FC2ブログでプラグインを追加する際、管理画面でまず「プラグインカテゴリ」を指定します。


一度設置したプラグインの位置を変えたい場合、例えば3カラムテンプレートで、左のサイドバーから右のサイドバーに移動する時などにも、やはりカテゴリの変更が必要です。


慣れないうちは、この設定が分かりにくいかもしれません。


「プラグインカテゴリ」は、プラグインを表示する場所を「1」〜「3」のグループで区分したものです。
プラグインの挿入先は、この「三カ所」であることが大前提となります。


FC2ブログ プラグインカテゴリの選択


ただし、各プラグインカテゴリがどの位置に表示されるかは、FC2ブログの仕様として統一されていません。
選択したテンプレートの構造次第なので、それぞれに合わせた調整をすることになります。


特に、「プラグインカテゴリ3」はサイドバーとは異なった使い方をされることも多く、その場合、プラグインを自分が考えた通りに表示するためには、HTMLの編集も必要です。


プラグインカテゴリの表示位置

下の画像は、2カラムと3カラム、それぞれのテンプレートのサンプルです。
プラグインカテゴリが、どの様に区分されブログ上で表示されるかを示しています。


ちなみに、先日承認された自作の共有テンプレートは、この形式で作成しました。


プラグインカテゴリの表示例


まず2カラムの場合、サイドバーは左右どちらか一方なので、「プラグインカテゴリ1」はサイドバーに表示されるのが一般的です。


上の例では、右のサイドバーに「プラグインカテゴリ2」も設定されています。
一見無駄な様ですが、2カラムと3カラムのテンプレートを切り替えて使用したくなった場合、あらかじめプラグインを分けておけば、変更がスムーズに行える利点があります。


また、図中の「プラグインカテゴリ3」は、メインカラム記事の上に表示される構造です。
仮にカテゴリ3からプラグインを削除すれば、記事以外は何も表示されません。


もちろんこれは一例なので、カテゴリ1しか使わないタイプや、カテゴリ2や3を、もっと別の場所、例えばブログ全体のヘッダーやフッター部分に表示しているテンプレートも多くあります。



3カラムでは、カテゴリ1とカテゴリ2は多くの場合、左右のサイドバーに割り振られます。
上記の例は、「1」が左側、「2」が右側ですが、当然ながら逆のケースもあります。


実際に位置を確かめるためには、テンプレートのダウンロード時にプレビューしたり、管理画面の設定と見比べながら使用してみると早いかもしれません。


テンプレートの説明文や、作者のブログに仕様が記載されていることもあります。



プラグインカテゴリ3の表示に関して

「プラグインカテゴリ3」は、サイドバーとは異なった用途で使用される場合があります。
例えば、必須要素ではなくオプションとしての位置付けで、トップページだけに表示される様なパターンです。


中には、サイドバーだけではプラグインの表示スペースが足りないので常時表示したい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
この場合、「テンプレートの設定」で、HTMLを修正する必要があります。


ただし、HTMLの知識が無いのであれば、手を加えない方が無難です。
最低限、ソースを読んで概要を把握したり、タグの検索や置換ができる程度の技術は必要と思われます。


下の画像は、テンプレートの設定で、「プラグインカテゴリ3」に関する記述部分を表示したものです。
修正は自己責任ですので、変更前に、テンプレートを複製しておいた方が安全です。


テンプレートの設定 HTML編集


プラグイン関連の表示を修正する上で、まず重要となるのは、<!--plugin-->タグです。
これは、FC2ブログで特殊な動作を設定するための、「テンプレート変数」の一つです。


様々な種類の変数が用意されていますが、プラグイン関連は、<!--plugin-->〜<!--/plugin-->に記述されます。


さらに「プラグインカテゴリ3」の記述箇所を調べるためには、<!--plugin_third-->を探します。
<!--plugin_third-->〜<!--/plugin_third-->に、具体的な構造が記述されています。


もし、<!--plugin_third-->タグが無い場合、そのテンプレートでは、そもそもカテゴリ3を使用していない、ということになります。


なんとなく想像がついた方もいると思いますが、<!--plugin_first-->と<!--plugin_second-->もあり、それぞれが「プラグインカテゴリ1」と「プラグインカテゴリ2」を表示するための変数です。



では、<!--plugin_third-->を確認した上で、トップページのみ表示される状態を、常時表示に変更するための方法です。
<!--plugin--><!--plugin_third-->〜<!--/plugin_third--><!--/plugin-->を内包している、<!--index_area--><!--/index_area-->を探します。


これは、トップページ(?mode等のクエリが付かないURL)だけで表示する、という動作をする「エリア変数」の一種で、他にも、検索結果画面のみに表示する<!--search_area-->や、固定リンク画面(blog-entry-1.htmlなどの個別ページ)のみに表示される<!--permanent_area-->なども存在します。


これらのエリア変数を使用することで、特定のページだけに表示、あるいは非表示にする、という条件付きの設定が可能になります。
そこで、上の例では、トップページのエリア変数開始タグ<!--index_area-->と、終了タグ<!--/index_area-->を削除します。


トップページだけに表示する、という条件がなくなり、常時表示されるようになります。


今回は、あくまで基本的な修正方法なので、テンプレートによっては様々な変数を使用していたり、大規模なHTML修正が必要な場合もあるので、注意が必要です。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。