スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナノブロックはじめました。アルパカとオオフラミンゴを購入

ナノブロックについて

今さら、という感じもするのですが、「ナノブロック」を始めてみることにしました。


ナノブロックは、最小で「4mm×4mm×5mm」というミニサイズのブロック玩具です。
「ダイヤブロック」を販売している株式会社カワダの製品で、大人を含めた、幅広い層が楽しめるホビーとして展開されています。


ネットの記事などでも取り上げられ、存在自体は知っていたのですが、最近、実際に作品を目にする機会があり、興味を持ちました。


下の画像は、「ミニコレクションシリーズ」の「アルパカ クリーム」と「オオフラミンゴ」を、説明書通りに組んだ状態です。


ナノブロック ミニコレクション アルパカ、オオフラミンゴ


台座のプレートのサイズは40mm×40mmで、完成後もコンパクトにまとまっています。


ナノブロックは、小さなサイズを活かした作り込みが可能であることが特徴ですが、ドット絵表現との親和性の高さも魅力の一つかもしれません。


ミニコレクションシリーズ アルパカ・オオフラミンゴ

ミニコレクションは少ないピースで構成され、価格も低めなので、「とりあえず」というライトユーザーに向いています。


自分も初心者なので、まずはこの商品で試してみることにしました。
動物だけでなく、ポケモンやキティなどのキャラクターや、季節ごとのイベントなど、種類が豊富です。


ナノブロック アルパカ・オオフラミンゴ開封前


上の画像は、開封前の状態です。
袋はジップロック型になっているので、開封後でもブロックをしまうことができます。


量販店で購入したのですが、価格は両方とも500円前後、他のシリーズもオンラインカタログの定価から3割引きといった価格帯で販売されていました。
「ベーシックシリーズ」のセットも安くなっている様なので、購入前に実売価格を調べた方が良いかもしれません。


ナノブロック アルパカ開封後


「アルパカ」を開封した状態です。
ブロックは小分けされ、説明書と、ブロックを設置するプレートも付属しています。


ちなみに、アルパカ、オオフラミンゴともに、「over110pieces」と表記されていました。
説明書の通りに進めた場合でも、ブロックは全て使い切るわけではなく、部品は少し多めに入っています。


ナノブロック ミニコレクションシリーズ


個人的には、小さいながら存在感が抜群のアルパカが気に入っています。
このまま飾ることもできそうですが、やはり、自由に形を作れるようになってからが醍醐味だと思います。


考えてみると、ミニコレクションには、セットに含まれていない色のブロックもあるので、「パーツ取り」としての使い道もあるかもしれません。


ある程度の部品が揃った後は、オリジナルの作品にも挑戦したいところです。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。